1本の髪の毛には、成長サイクルがあります。

成長期、退行期、休止期があります。
ぐんぐん伸びる成長期は、通常2?6年
根元の毛母細胞の働きが衰え伸びが止まる後行期は約2週間
毛母細胞が活動をやめ、抜け落ちるのを待つだけの休止期は約3?4ヶ月

 

成人男性の額の生え際や頭頂部が薄くなる「男性型脱毛症」(AGA(は、
このサイクルが乱れて成長期が数ヶ月?1年で終わってしまうために起こります。

 

「毛髪が太く長く育つ前に抜けるので、頭皮が透けて見える状態になってしまうのです。」(クリニック院長)

 

サイクルが乱れる最大の原因は髪の成長を抑制する男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)で、
その働きの度合いによってAGAになる人とならない人に分かれます。

 

脱毛パターンや髪の毛そのものの状態からAGAと診断された場合、治療法はあるのでしょうか?

 

「男性型脱毛症診療ガイドライン」というものが発行されているので、中身が参考になります。

 

ガイドラインでは、男性ホルモンの活性化をブロックする内服薬のフィナステリドと頭皮に塗るミノキシジルを
「男性に強く勧められる」と認定しています。

 

ともに半年ぐらいから効果が表れ、フィナステリドは1年目で58%の人に改善が認められ、
ミノキシジルは頭髪が平均6,600本増えたとの報告があります。

 

フィナステリドを服用するには、医師の診断と処方が必要です。

 

ミノキシジルはドラッグストアで薬剤師の説明を受ければ買えます。
実際には効果がありながら実感できない事があるので、
治療前後に頭の写真を撮って比べると良いです。

 

副作用については「フィナステリドはまれに、肝機能障害を起こしたり、性欲の減退を訴えたりする報告があります。
妊婦や妊娠する可能性がある女性にも投与しません。
ミノキシジルについては、まれにアルコール成分による頭皮への刺激やかぶれが指摘されています。」

 

保険対象外のため費用は自己負担です。
フィナステリドは月1万円程度。
ミノキシジルは、月5,000円?7,000円程度です。

 

アロエ育毛液